Top > お知らせ

お知らせ : 2016/03/18

【再掲載】ネットワーク上の図面ファイルが破損する問題が発生するOSと・・

ネットワーク上の図面ファイルが破損する問題が発生するOSと対策について、以前よりご案内をしておりますが、本件に関するお問合せが継続しておりますので、改めてご案内いたします。

次の内容をよくお読みになり、対策済みであるかどうかをご確認ください。
ファイルサーバ上の共有フォルダにあるファイルなどに対して操作を行うと、ECADのファイルが正しく保存されない、内容が破損してしまう、などの問題が複数のお客様で発生しています。

本件は、Microsoftの通信方法(SMBv2)の問題に起因しており、OSが下記の場合に対象となる可能性があります。
 Windows Vista
 Windows 7
 Windows Server 2008
 Windows Server 2008 R2
(Windows 8/8.1/Windows Server 2012/2012 R2は対象外ですが、混在環境の場合はご注意ください。)

■現在の通信方法の設定を確認する方法
1.[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[コマンドプロンプト]の上でマウス右ボタンをクリックし「管理者として実行(A)」を選択します。



2.次のコマンドをコピーしておき、コマンドプロンプト画面でマウス右ボタンをクリックし「貼り付け」を行い、Enterキーを押します。
 sc.exe qc lanmanworkstation
(コピー時、先頭にスペースが含まれても問題ありません)



DEPENDENCIES項目に「mrxsmb20」が表示されている場合は該当となりますので、次の設定をしてください。

SMBv2を無効にする設定は、クライアントPC毎に実施するか、Server側で実施する必要があります。

■SMBv2の設定を無効にする方法
[クライアントPC毎に設定する場合]
次のコマンドを1行ずつコピー&貼り付けして実行します。
 sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb10/nsi
 sc.exe config mrxsmb20 start=disabled
(コピー時、先頭にスペースが含まれても問題ありません)

再度、次のコマンドをコピー&貼り付けして実行し、DEPENDENCIES項目から「mrxsmb20」の表示が消えていれば設定終了です。
 sc.exe qc lanmanworkstation

■SMBv2の設定を有効にする方法(無効の設定により不都合が発生した場合や設定を戻したい場合に実施ください)
次のコマンドを1行ずつコピー&貼り付けして実行します。
 sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb10/mrxsmb20/nsi
 sc.exe config mrxsmb20 start= auto
(コピー時、先頭にスペースが含まれても問題ありません)

■[Serverで設定する場合<Windows Server 2012/2012 R2以外>]
共有フォルダを提供しているファイルサーバーにて設定します。
1.レジストリエディタを開きます。
2.次のレジストリを設定します。
キー:HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetServicesLanmanServerParameters
名前 : SMB2  種類 : REG_DWORD  デフォルト : 1 (有効)→0(無効)に設定します。
レジストリが存在しない場合には手動で追加してください。

3.編集が終わったらレジストリエディタを閉じます。
4.サーバーサービスの再起動、またはOSを再起動します。

■ [Serverで設定する場合<Windows Server 2012/2012 R2>]
共有フォルダを提供しているファイルサーバーにて設定します。
1.コマンドプロンプト(管理者)(A)を開き、「PowerShell Ise」を入力してEnterします。(Iseの前は半角スペースです。)
2.コマンドアドオンの名前:欄に「set-smb」と入力すると「set-smb」で始まるコマンドレットの候補が表示されますので、次のコマンドレットを選択します。
 Set-SmbServerConfiguration
(コマンドアドオンが表示されていない場合は、[表示]-[コマンドアドオンを表示]を選択して表示します。)
「詳細の表示」をクリックします。EnableSMB2Protocol:を「$False」に設定して「実行」します。
この操作を実行しますか?「はい(Y)」を選択します。
3.コマンドアドオンの名前:欄に「get-smb」と入力し、表示された候補より次のコマンドレットを選択します。
 Get-SmbServerConfiguration
「実行」するとスクリプト画面に設定値が一覧表示されます。EnableSMB2Protocol:False と表示されていれば設定終了です。
コマンドレットを実行し、次のメッセージが表示される場合は管理者としてPowerShell Iseが実行されていません。再度ご確認ください。
 Set-SmbServerConfiguration:アクセスが拒否されました。
 発生場所 行:1 文字:1


※共有フォルダがネットワークハードディスク等の場合でも類似の設定があるようですので、ハードディスクメーカーにご確認ください。

ページトップへ