Top > お知らせ

お知らせ : 2017/08/28

仮想サーバー上でソフトウェアライセンスをご利用されている場合のご注意

ECADのソフトウェアライセンスを仮想サーバーに認証した後に、仮想サーバーの構成設定を変更されますと、ライセンスの複製を防ぐ仕組みが発動し、認証したライセンスが無効になります。そのためECADが起動できなくなります。
仮想サーバーに対して以下のような操作をされる場合は、事前に弊社サポートセンターにご連絡いただき、ライセンス再認証の手続きをお取りください。
・仮想サーバーに割り当てるCPUリソースの設定を変更する
・仮想サーバーの仮想MACアドレスを変更する
・仮想サーバーのイメージを、別の物理サーバーに移管する

【手順】
1. 弊社サポートセンターに、仮想サーバーの構成を変更される旨をご連絡ください。
 弊社サポートセンターより、ライセンス情報再発行申請書をお客様にお送りしますので、必要事項をご記入いただきご返送ください。
2. 弊社にて新しいアクティベーションキーを発行し、お客様にお送りします。
3. 仮想サーバー上でライセンス管理ユーティリティを使用し、現在有効なECADのライセンスを解除します。
 このとき、再認証に使用するオーソライズキーが表示されますので書き留めるかファイルに保存します。
4. 仮想サーバー上で、構成変更を実施します。
5. 構成変更が完了したら、ライセンス管理ユーティリティで新しいアクティベーションキーを利用してライセンスを認証します。
6. ECADを実行する各端末側でライセンス管理ユーティリティを実行し、[3.]のオーソライズキーを入力します。

ページトップへ